信用取引ってこわいもの?

ノーリスクノーリターン?

信用取引は、自分のお金だけで株の売買を行うというわけではありません。証券会社に借金をして、自分が持っているお金以上の取引をすることが可能です。お金を借りて取引をするわけですから、信用取引で大損をしてしまった場合、手元に残るのは借金です。ノーリスクというわけではないのです。
借りたお金が返せなければ問題ですが、自分の資金を超えて取引を行うことができるので、大きく稼げるチャンスが存在しています。証券会社からお金を借りる分、一般的な株取引よりもリスクは高くなります。ですが、リスクを背負っているからこそ、高いリターンが期待できるのも事実です。このように信用取引のデメリットも言える点は、裏を返せばメリットでもあるのです。

リスクを把握している人なら大丈夫!?

信用取引=怖いものだ、多額のお金が関わる信用取引において、常にこのことを頭に入れておくことは大切なことです。むしろ、信用取引はたくさん稼げるいいものだとしか思っていない人ほど、リスクの落とし穴にはまってしまう可能性が高いのです。
どんなに株取引になれている人であっても、何があるか予測不可能な取引市場において、100%の保証はどこにもありません。そのリスクと戦いながら、投資家は日々取引をしているのです。リスクの意識を持っている人というのは、自分の感情だけに左右されずに冷静に判断できる人です。リスクがあるからという理由だけで信用取引を否定するのではなく、リスクの中のメリットとどう向き合うか考えて、信用取引について考えていくことも大切です。