信用取引をはじめるためにはどうしたらいい?

証券会社の一般口座を開設

信用取引は自分の資金にレバレッジをかけて効率的な運用ができるというメリットがあります。
しかし、初心者ではすぐに信用取引ができる信用口座を開設できる訳ではなく、まずは一般口座を開いてから、ある程度の投資経験が必要となります。
信用取引でレバレッジをかけるという行為は、証券会社からお金を借りて株式を売買するこういとなりますので、それなりに信用がないと取引することができないのです。証券会社としても、ある程度の投資経験がある人でなければお金を貸すという行為はリスクとなりますので、まずは一般口座で現物株式の取引に慣れておき、売買の基本的なところを抑えておくことが必要となります。
また、信用取引に関連して、外国為替を取引するFX取引でもレバレッジが効かせられる取引となりますので、参考になりますよ。

証券会社によって口座開設基準が異なる

信用取引ができる信用口座を開設するための条件は、各証券会社によって異なっています。運用資産が千万円単位となる富裕層の方を対象とした大手証券会社では、預かり資産に制限があったり、支店長と面談しなければならないなど、独自のルールがありますので、ハードルは高いと言えるでしょう。
サラリーマンや主婦などの一般的な投資家が信用口座を開くには、ネット証券会社を利用するのがおすすめです。
簡単なウェブテストや投資経験に関する設問に答えるだけですので、ある程度の投資経験があれば開設することができますよ。
最低預かり資金は数十万単位となっておら、数年程度の投資経験があれば開設可能としている証券会社が多いので、なるべく開設条件が優しい会社を選ぶとすぐに取引可能となります。