信用取引のメリットとデメリット

信用取引にしかできないトレードとは

株式投資におけるトレード形式には、現物取引と信用取引の2つの形式があり、信用取引にしかできないトレード方法が存在します。
それは、信用売りという売買方法であり、保有していない株式を証券会社から借りてきて、売却することで現金を受け取り、株価が下がったところで借りた株式を返すために市場から株を買い戻すというトレードになります。売った時点の株価より、買い戻した時の株価の方が安ければその分が利益となる仕組みなので、株価が下がりやすい銘柄を選んだり、相場全体が下がる時でも利益を狙えるのです。
信用取引でしかできない信用売りを活用することで、トレードできる条件が増えますので、利益を得るチャンスが広がるというメリットがありますよ。

信用取引では手数料がデメリットに

現物株の取引では、株を売買する際に取引手数料が必要となります。
取引手数料に関しては、信用取引においても同様に発生することになりますが、信用取引にはそれ以外の手数料も必要になりますので、現金株を取引するよりも証券会社に支払う手数料が高くなってしまいます。
信用取引でポジションを持っている時は、証券会社からお金や株式を借りている状況ですので、借りている期間は常に金利手数料が発生します。
長期でトレードする場合は手数料を支払う期間もそれだけ長くなり、毎日金利が発生し、利益が出ていても金利手数料の分だけ削がれてしまいますよ。
その他にも、信用売りの場合は、銘柄によっては逆日歩という別の手数料が発生しますので、信用取引ではとにかく手数料がなるべく発生しないような自己管理が大切です。